世界のことわざの意味を知って人生に活かそう!(アジア編)

日本でおなじみのことわざ。ことわざって意味をちゃんと知ると意外と面白かったり、役に立ったりしますよね!世界には日本と同じく、その国特有のことわざがたくさんあります。ことわざからその国の特徴や文化なども感じ取れるので、非常に面白いものです!今回はアジアの国に焦点を当てて、私が「こんな意味があるのか!」と驚いたことわざとその意味を紹介していきます!

スポンサーリンク
広告大

目次

  • 日本の面白いことわざ3選
  • 韓国の面白いことわざ3選
  • 中国の面白いことわざ3選
  • タイの面白いことわざ3選
  • ベトナムの面白いことわざ3選
  • まとめ

日本の面白いことわざ3選

悪妻は百年の不作

[意味]悪妻を持つ事で、100年先も不幸まみれの人生を歩むという事。この言葉を胸に、婚約者はしっかりと時間をかけて作りましょう!

河童の川流れ

[意味]どんなにその事に長けた名人や達人でも、油断をすると簡単なことでも失敗をしてしまうという事。自分の能力に過信する事なく、謙虚に生きましょうという教訓です。

夢は逆夢(さかさゆめ)

[意味]夢は逆の形で現実に起こるという意味です。悪い夢を見た時は現実に良い事が起き、良い夢を見たら現実で悪い事が起きるという事です。私はよくこのようになるので、当たっているかも。。。

韓国の面白いことわざ3選

家と女房は手入れ次第

[意味]どんなに悪い家でも、問題ありの妻でも手入れをすれば化けるという意味です。辛抱強くこちらが手入れする事で、素敵な妻になってくれる事でしょう!

三日も飢えた犬は、棒で打たれても嬉しがる

[意味]飢えた状態の時は食べられないものでも、自分に与えられたものならば喜んでしまうという意味。飢えた状態だと貰えるものは何でも貰ってみるという心境にはなる気がします。

嘘も言い続ければ、真実になる

[意味]嘘もずっと言い続ける事で、その嘘はやがて真実になるという意味。例えば「俺は歌手だ」と言い続ければ歌手になれるという事です。目標を言っておくことで現実には近づきやすくなるのかもしれません!

中国の面白いことわざ3選

星星の火以て野を焼くべし

[意味]小さな火でも、それはやがて一面を焼き尽くす炎となるという意味。小さな事でもいつかは大きくなるのだという教えです。

その人を知らざれば、その友を見よ。

[意味]その人物の事が理解できない、読めないのならばその人の友達を知ると良いという意味。その人の友達を知れば、その人の事もよく分かるという事です。

過ちて改めざる。これを過ちという。

[意味]誰でも過ちを犯すが、その過ちに気づいているのにも関わらず改めようとしない事こそ、本当の過ちなのだという意味。つまり、気付きながらも先回しにしてスルーするという事ですね。

タイの面白いことわざ3選

ゾウのニュースも見る。ブタのニュースも見る。

[意味]大したことない出来事でも見ないではいられないという意味。どんな事柄でもとりあえず知識の蓄えのために何でも知っておきたい、知って損をすることはないということですね。

ゾウに乗ってバッタ狩り

[意味]莫大な投資をしたのにも関わらず、その見返りはごくわずかだったという意味。ビジネスではよく使えそうなことわざですね。

白象になる

[意味]田舎出身の人が都会で有名になるという意味です。

ベトナムの面白いことわざ3選

鬼は虎、ニワトリは豚

[意味]管理する存在や人物がいないと、みんな好き勝手やってしまうという意味です。ボスやリーダーがいない職場は好き勝手し放題になってしまうという事。

いい豚をいじらないで

[意味]最初から良かった物が変に手を加えておかしくなってしまうという意味です。いい商品は手を加えない方が無難だという事です。

遠く離れたオスのせい

[意味]互いの顔を合わす事がなくなっていくと、親密さも同時に失われていくという意味。遠距離恋愛中のカップルなどによく使用されることわざです。

まとめ

ことわざにはその国の文化が反映されていてすごく面白いですよね!同じような意味でも国によって、言い回しが変化しているのでことわざって素敵だな。おもしろな。と思います!今回はアジアの国に注目していますが、今後は他の地域のことわざも調査していきたいと思います!

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする